【お知らせ】『FANBOX特典 小説・体験談』を新しく投稿しています!

小説・体験談

剛毛ワキガな美人教師に誘惑されて淫臭セックスしてしまう少年の話

剛毛ワキガな外人美女教師に誘惑されて、体臭&体毛のフェロモン変態セックスでイかされた僕♡

「ほら……よく見て……💗」

 その声に僕の胸は戸惑いながら高鳴っていた。

 目の前で一人の女性が裸で横たわり、こちらに微笑んでいる。
 歳は20代後半ほど。
 やや大柄な背丈は170㎝以上はあった。

 ゆるくウェーブした艶のあるセミロングの黒髪と、淡い褐色のなめらかな肌。
 顔には濃い眉毛と大きな黒い瞳があり、筋の通った高い鼻はエキゾチックな中東系美人の顔立ちだ。

 彼女は黒いワンピースと、ストッキングを身に付けていた。
 脚が長く、乳房や腰、尻や太腿、ふくらはぎにかけてみっしりとした太さがある。
 健康的な筋肉と脂肪がバランスよくついた、豊満な肉体の大人の女性――。

 そんな彼女を、僕はテレザ先生と呼んでいた。

 

🔶 エキゾチックな美人教師との出会い

 出会いは語学学校だった。

 テレザ先生は僕の通う学校の外国人講師であり、僕はその学校に生徒として通っていた。
 先生は美しく優しかったが、彼女を苦手とする生徒も多くいた。

 僕はその理由を知っていた。
 それは彼女が身にまとう、“匂い”だ。

 あの匂い――。

 甘く、蠱惑的な先生の体臭が『腋臭』と呼ばれるものであることを、僕は最近になって初めて知った。
 クラスメートの中には、あの匂いが苦手という生徒もいたが、僕にはその気持ちがまるで理解できなかった。

 あんなに、いい匂いなのに――。

 授業中、テレザ先生の妖しい体臭が教室内に漂いだすと、僕は勉強そっちのけでその匂いに夢中になった。
 
 質問を理由に、先生に近づく。
 するといっそう濃く強くなる彼女の体臭。その匂いを感じながら、僕の股間はいつも熱く疼いていた。

 

 ***

 

 先生が僕を呼び止めたのは、授業が終わったある土曜日の午後だった。

「よかったら、明日、自宅に遊びに来ない?」

 誘ってくれたことに驚いたが、好意を持つ先生からの誘いに、僕は大喜びでうなずいた。

 翌日――。

 僕は先生のマンションを訪ねた。

 玄関のドアが開き、出迎えたのは黒いワンピース姿の先生だった。
 微笑む彼女に案内され玄関に入ると、室内にはすでにあの独特な匂いが漂っている。
 その妖しいフェロモンに、僕の股間はすぐに熱く反応し始めた。

 リビングに通され、出されたお茶を飲みながら、僕の心臓は大きく鳴っていた。
 好きな女性と、部屋で二人きり。
 そんな状況への戸惑いと興奮で、どうしても落ち着かない。

「……聞いていい?」

 先生が尋ねたのは、他愛ない雑談が終わって、しばらくのことだった。

「あなた……私の匂いが、苦手じゃないの?」

 ふいに来た質問に、僕は固まった。

「……私の匂い、苦手な子がいるのは知ってるわ。……でも、あなたはいつも私のそばに近づいてきてくれるでしょ。ずっと聞きたかったの……」

 テレザ先生が身を寄せ、僕の顔を覗き込んでくる。
 彼女の豊満な胸元から、あの悩ましい媚臭が、誘うように立ち昇っていた。

「そ、それは……」

 困ったが、僕は正直に先生の匂いが大好きであることを伝えた。
 そして、自分が異性として彼女に好意を持っていることも。

 

🔶 淫らな誘惑フェロモン

 僕の告白を聞いて、先生はしばらく沈黙していた。

 そして、

「……嬉しい……あなたはいい子ね……」

 にっこりと微笑んだ先生は、その唇を舌でゆっくりと舐めた。

「ねぇ……私のこと……もっと知りたくない……?」

 近寄り顔を寄せてきた先生が、僕の耳元で囁く。
 僕はどうしていいかわからず、じっと身を固くしていた。
 戸惑っている僕から離れ、先生は部屋のソファーに座った。

 先生の視線が、僕の瞳を妖しくとらえていた。

「なんだか、暑いわね……💗」

 そう言うと、先生はおもむろに脚を広げ、ゆっくりと履いていたストッキングを脱いだ。

 露わになった先生の両脚を見て、僕は驚いた。
 その太い脚には、太腿からふくらはぎに至るまで、いたるところに黒く縮れた体毛が存在していた。

 それは異様に毛深い脚だった。
 女性の毛むくじゃらな太腿という、見たこともない光景が、僕の目の前に広がっている。
 でも、それになぜか強い興奮を覚えてしまう。

 大好きな先生の脚を覆う、野性の体毛――。
 長くふくよかな太腿に、モジャモジャと生い茂る黒い縮れ毛の魅力に、僕は不思議に感動していた。

「……驚いた?」

 確かめるような瞳で、先生が僕を見る。
 薄紫色のマニキュアを塗った先生の指先が動き、脛から太腿に密生する黒い柔毛を、優しくゆっくりと撫で上げる。
 
 ゆるゆるとワンピースが脱がれ、先生のたっぷりと豊かな胸があらわれた。
 大きく柔らかな乳房の上には、薄桜色の広い乳輪があり、そこに少し色を濃くした小ぶりな乳首がつんと尖っている。

 先生が裸になるにつれ、あの甘苦い体臭が、ますます部屋の空気を濃く染めていく。

 僕を見つめながら、先生がゆったりと髪をかき上げた。
 大きく開かれた両腋。
 その窪みには、大量の黒い腋毛が茂っていた。

 広範囲に生えた腋窩の茂みから、濃い、あの腋臭の香りが、ねっとりと周囲の空気に溶けていく。

「ああぁ……すごい匂い……💗」

 先生は自身の腋窩に鼻を近づけると、長く伸ばした舌を真っ黒な腋毛に当て、べろりと下から上に舐め上げた。

 ソファに座った先生が、両脚を大きく広げた。
 小ぶりな黒のパンティは、彼女の陰毛をまるで隠せていなかった。
 薄いパンティのすそから溢れ出た陰毛は、上はヘソにまでその茂みを伸ばし、下は太腿にまでムラムラと黒く広がっている。

「ふふ……💗💗」

 パンティを脱ぎ、先生が再び両脚を開いた。

 溢れ出た濃密な陰毛は、性器はもちろん彼女のアヌスにまで続いていた。
 見るとその範囲は、丸い左右のお尻にまで広がっている。
 黒い、ジャングルのような股間。
 そのひときわ濃い繁みの中に、彼女の紅い秘部が見えていた。

 

🔶 エキゾチック美女との淫臭&淫毛絶頂セックス ♡

「さあ……あなたも裸になって……こっちにいらっしゃい……💗」

 誘われて、僕は先生に近づいた。

 先生の体は、淫らな体毛の楽園だった。
 豊満で母性的な肉体に繁茂する、卑猥な縮れ毛。
 先生は両腕を高く上げると、再び自らの腋に鼻を寄せ、そこをうっとりと嗅いだ。

「ここ……好きなんでしょ? あぁ……💗💗 汗ばんでて、すごい……💗💗💗」

 漂うフェロモンが、ますます強くなっていく。
 先生の強烈な腋臭にあてられ、僕のペニスは痛いほどに勃起し、鋭く下着を突き上げていた。

「服を脱いで、おいでなさい……💗💗💗」

 先生が僕を誘った。

 僕は裸になり、吸い寄せられるように先生に近づいた。
 そして、導かれるまま、股間の固くいきり立ったペニスを。彼女の濡れた陰部に当てた。

 グジュ……💗💗💗️

 濃密な陰毛をかきわけ、真っ赤に膨らんだ亀頭が、熱くぬかるんだ膣口に触れた。

 ヌジュ……💗💗 ニュブ……ニュルル……💗💗

 熱く脈打つペニスが、蠢く肉壺に、ゆっくりと呑み込まれていく。
 ずっぽりと根本まで入ったペニスを、濡れた粘膜がぬったりと包み込み、優しく締めつけてくる。

 蕩けそうな快感が、僕の下半身を襲ってくる。

「ああッッ!!💗💗 ダメですッッ……もうッッ!!💗💗💗」

 またたく間に迎える限界に、僕は必死で耐えようとした。
 
 でも、それは無駄な抵抗だった。

 逃げようとする僕の腰に、先生の毛むくじゃらの太腿ががっちりと巻きつき、強く引き寄せた。
 同時に、僕の背中に腕が回され、密着した下腹部に濃密な陰毛が押しつけられる。

 そして、

「ここ……嗅ぎなさい……💗💗」

 先生が右腕を上げ、大きく開かれた漆黒の腋窩に、僕の顔が押しつけられた。

「むぐううぅッッ……💗💗」

 縮れた腋毛に染みついた、こってりと濃厚な雌のフェロモン。
 先生の腋臭は、獰猛な媚薬そのものだ。
 濡れた鉛筆にも似た凶悪でスパイシーな淫臭。
 その麻薬のような匂いに、狂った体がブルブルと悦びに打ち震える。

「ふふ……💗💗 いい子ね……さぁ、気持ち良くイッちゃいなさい……💗💗💗」

 僕を抱き締めながら、先生の腰がうねるように動いた。
 限界を迎えつつ、それでも何とか踏みとどまっていた僕の股間が、ガチガチに我慢していた勃起ペニスが、ついに快楽の悲鳴を上げた。

「ふあ"あ"ああああああああッッッーーーーーーーーーーーーー!!!!!💗️💗️💗💗️💗️💗️」

 青筋を浮かせたペニスが、激しい痙攣を起こす。
 収縮した陰嚢が強く根本にせり上がり、快感が爆発、甘い白濁がペニス尿道を突き抜ける。

「あ"あ"あああッッッ!!!💗💗💗💗 ゔあ"あ"あああッッッーーーーーーーー〜〜〜!!!!!!💗💗💗💗💗💗💗💗💗💗」

 蕩けるような体毛と体臭に包まれ、抱き締められた僕は、少女のように喘ぎながら、何度も、何度も、粘い濁液をテレザ先生の中に放っていた……。

 

-小説・体験談

© 2024 ゴモテン天国