【お知らせ】『FANBOX特典 小説・体験談』を新しく投稿しています!

小説・体験談

腋臭で興奮する白人美女が自分のフェロモンを嗅ぎながら電マオナニーして絶頂する話

 

 夜――。
 ソフィアは一人、寝室のベッドでストレッチをしていた。
 
 肩まであるダークブラウンの艶髪が揺れている。くっきりとした濃い眉に涼しげな青い瞳、すらりと高い鼻をもつソフィアは、白人系の美人女性である。
 
 ベッドの上で、ソフィアはゆったりと体を動かしていた。
 紫のネグリジェをまとった肌は、陶器のように白い。その白さは、皮膚下の青い静脈が透けていた。
 
 しばらくすると、ソフィアは着ていたネグリジェと下着を脱いだ。
 露わになった裸体に、ふっくらと膨らんだ乳房があった。
 その胸に、やや広めの乳輪と尖る淡い薄桃色をした乳首が見える。
 
 透き通るような肉体だが、その両腋と股間にはダークブラウンの暗い体毛が生い茂っていた。
 ソフィアに生えた腋毛と陰毛。そのどちらもが範囲が広く、密度も濃い。
 むっちりと肉付きの良い乳白色の女体にあって、その荒々しい体毛の存在は、妖しいコントラストと色香を匂わせていた。

 

 ***

 

 裸になったソフィアは悩んでいた。
 
(あぁ……また、私ったら……)

 ソフィアの腋毛が、ぐっしょりと濡れていた。
 左右の腋が、異常に汗ばんでいるのである。
 体は汗をかいていない。
 今、腋窩を濡らしている汗は、体を動かすことで出る汗ではない。
 
 強い緊張や性的興奮で溢れてくる、特別な汗――。
 俗にアポクリン腺とも呼ばれる、性のフェロモンをたっぷりと含んだ汗腺から出る汗が、大量に分泌されていた。
 
 甘いボディーソープの香りに混じって、鉛筆の芯に似た独特でスパイシーな体臭が、ソフィアを中心に広がっていた。

 (ああ……今日も……ダメ……💗💗)
 
 ソフィアが、おずおずと右腕を上げる。
 その頬が、薄桃色に上気していた。
 
 大量の腋毛を湿らせ、ヌルヌルと濡れそぼった腋窩――。
 そのダークブラウンの縮れ毛が繁茂する腋に、ソフィアの鼻先が寄せられた。
 
(――あぁッッ……すごい……💗💗💗)

 鼻腔が、濡れた腋毛から漂う、甘苦いフェロモンをうっとりと吸い込む。
 ソフィアは、自身の腋臭に酔い痴れていた。

 

 ***

 

 自身の体臭に発情してしまう――。
 それは、ソフィアの性癖だった。
 
 腋や股間の匂いに気づいたのは、思春期の頃だ。
 肉体の成熟にともない、強くなっていく甘く苦い体臭。その匂いを強く感じるのは、一人自分を慰める淫らな時間だった。
 性的快感を覚え、いつしか日課となった秘密のオナニー――。
 甘い一人遊びには、いつもこの匂いがついてきた。
 繰り返し、繰り返し、快感とともに何度も刷り込まれる濃厚な体臭に、いつしかソフィアは自らの腋臭に興奮し、発情するようになっていった。
 
 快感と結びついた腋臭のフェロモン。その匂いを求める彼女は、体毛の処理を怠るようになった。
 結果、彼女の体には、濃密な腋毛と陰毛がたっぷりと生い茂り、甘く苦い独特な媚臭を存分に蓄えるようになっていた。

 

***

 

 裸のソフィアがベッドに寝そべった。
 その手が枕元へ伸びる。
 伸ばされた手が、あるものを握っていた。
 太い棒状で、先端に球体がついているそれは、電動マッサージ器である。

 ブーーン……

 スイッチが入り、マッサージ器が低い音を立てて振動を始める。
 ソフィアはその丸い先端を、左肩に当てた。
 
 ブーーーーー……
 
 肩に当てられた球状のヘッド部分が、やがて白い首筋を滑り、ゆっくりと肩から胸、腹部へと下りていく。

「…………ぁん……💗」

 眉根を寄せた青い瞳が、じっとりと潤んでいた。
 仰向けのソフィアの両脚が、大きく広げられた。
 
 股間には大量の陰毛が茂っていた。
 ヘソから始まる陰毛は、恥丘、秘部、アヌスまでもを広範囲に覆っている。
 その縮れたジャングルに、綺麗なピンク色の秘裂が見える。
 縮れたジャングルの中で、ビンと固く起立したクリトリス。その桃色の肉芽に、振動するマッサージ器の先端がそっと押し付けられた。

「あぁぁッッ……💗💗💗💗」

 ソフィアの口から、蕩けるような声が漏れた。
 
 マッサージ器の丸い先端が、味わうようにゆっくりと動いていく。
 その下で、硬く勃起したクリトリスがぬったりと押し潰される。
 大ぶりな陰核が、微細な振動のもと、押し潰され、優しく捏ね回されていた。
 
「あッッ……💗💗💗 あぁ……ッッ💗💗 んッ……んぉッッ💗💗💗️ ああぁッッ〜〜〜……!!💗💗💗💗️」

 引き攣る女性器の下で、毛深い肛門がねっとりと窄まり、妖しい収縮を繰り返す。
 
 くっきりとしたソフィアの眉が、ハの字に下がっていた。
 寄せられた眉根の下で、長い睫毛の瞳が固く閉じられている。
 上唇がこらえるように下唇をくっと噛む。
 その唇がふっと開き、隙間から妖艶に動く舌が見える。
 
(あぁ……ダメ……💗💗 もう……我慢できない……ッッ!!💗💗💗)

 ソフィアの左手が、自身の右腋に差し込まれた。
 濡れそぼる腋毛に、左手の甲が強く押し当てられる。
 そうして再び腋窩から戻ってきたソフィアの手には、濃厚な腋臭の汗と匂いが、こってりと塗りつけられていた。
 その手が、自らの鼻に押し当てられた。
 
「ぁぁぁああ〜〜〜ッッッ💗️💗️💗💗」

 ソフィアの頬が、淫らに赤く染まっていた。
 
「ふぁッ💗💗 あぁッッ💗️💗 ふぁあぉッッ💗💗💗💗」

 すらりと高い鼻が、左手に染み込んだ淫臭をあさましく貪る。
 それは、普段は清楚なソフィアからは、想像もできない姿だった。
 
「ふあぁッッ💗💗 あぁぁッッ💗💗💗 い、良いぃッッ〜〜〜💗💗💗💗」

 ソフィアの声が、高く細くなっていく。
 
「ぁおおおぉッッッ!!!💗💗💗💗 お"ッッ!!💗💗💗 ーーーーーーーッッッ!!!!💗💗💗💗💗💗」

 喘ぎ声が無音に変わり、“お”の字に口を開けたまま、ソフィアの肢体が一瞬硬直する。
 
 ブルッッ……💗💗️ ブルルッッ!!💗💗💗💗️ ガクガクガクガクッッッ!!!💗️💗️💗️💗💗💗
 
 股間に広がる大量の陰毛がゾワゾワと波打ち、下腹部を中心にソフィアの体が不規則に痙攣した。
 
「おお"お"お"おおおぉぉぉッッッーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッッ💗💗💗💗💗💗💗💗💗」

 全身が引き攣り、低い嬌声が唸るように吐き出される。
 甘い振動と自身の体臭に酔い痴れたソフィアは、ガクガクと身を震わせて絶頂していた――。

 

 ***

 

 オルガズムの波がおさまり、股間からゆっくりとマッサージ器が離される。
 
 毛深い秘裂はどろどろに濡れそぼり、ふやけきっていた。
 念入りに責められた肉芽が、充血して小刻みに震えている。
 総毛立った陰毛の茂みからは、ほのかな湯気と強烈な牝のフェロモン臭が立ち昇っていた。
 
 甘く、苦い腋臭で満たされた寝室――。
 
 そのベッドには、役目を終えたマッサージ器が一本、淫らな匂いに染まって転がっていた。

-小説・体験談

© 2024 ゴモテン天国