お知らせ

官能小説

【クリほじり♡】外人熟女が教え込むレズ快感クンニ|官能小説

レズ熟女のエロクンニで快楽の虜になる初心乙女♡

「あなたのビンビンのクリちゃん可愛いわ……💗💗 さぁ、女の子のおちんちんでたっぷり気持ちいいこと覚えなさいな……💗💗💗」

 

ニッキーの温かい舌がべっとりとメルシーの淫核に密着し軟体生物のように動き出した。

 

「ヒッッ!!💗💗 あああッッ!!💗💗💗」

(スゴいッ!何これ!?気持ちいい……!!!💗💗💗)

 

生まれて初めて体験するクンニ。

しかも同性のツボを知り尽くした愛撫にメルシーの目は見開かれ、惚けたように宙をさまよった。

快感と興奮で硬く勃起したクリトリス。

その尖りは完全に皮から剥けて立ちあがり、ぬめる舌触手の快感にガチガチになりながら悦んでいる。

そんなメルシーの反応にニッキーは嬉しそうに目を細め、ブラウン色の濃密な陰毛に埋めた鼻先を動かした。

 

「ああ……あなたのここ……とってもいい匂いよ……💗💗 スパイシーで……すごく濃くてスケベな匂い……私のアソコもヌルヌルになっちゃう……💗💗💗」

 

外人女性特有の高い鼻、その鼻腔を大きく鳴らしニッキーは獲物のフェロモンをフゴフゴと下品に貪る。

 

「ほら……気持ちいいでしょ?💗💗 気持ちよかったらイッていいのよ……? ほら……ほら……!!💗💗💗」

 

卑猥に動きまわる舌。

それとともに、一本の指がメルシーの潤んだ肉洞にグジュリ……と挿入された。

淫らな舌と指。その両方が協力するように動き出した。

 

「うふふ……ほーら……💗💗 クリちゃんの裏筋……舌でほじくり舐め上げてあげる……💗💗💗……すっごく効くでしょ……?💗💗💗」

「はあああぁぁぁッッ!!💗💗💗 ダメーーーーーーーーーーーッッ!!!!!💗💗💗💗」

 

かたく目を閉じたメルシーの下半身がガクガクと震えた後、硬直した。左

右の手がニッキーの頭を掴もうとするようにもがく。

ニッキーの頭を両手で掴むことを思いとどまったのはメルシーの最後の羞恥心からだろうか。

しかし、乙女の体を満たす淫らな歓びはそんな躊躇を嘲笑うかのように暴発した。

 

「イッ、イクーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ!!!!!!!!💗💗💗💗💗💗💗」

 

ブルブルと激しく痙攣するメルシーの肢体。

その股間では悪魔のような卑猥な笑みを浮かべたニッキーが、ヌロヌロと淫らに舌を蠢かせ続けていた……。

 

体験談 特集 >

剛毛ワキガ彼女との変態セックスやフェチな体験談

 

 

-官能小説
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 ゴモテン天国♡腋毛ワキガ剛毛フェチ専門サイト